トップページ >>私たちについて >>コンサルタント紹介

コンサルタント

 

フェイスホールディングス 代表取締役社長
熊澤 修(Osamu Kumazawa)

フェイスホールディングス 熊澤 修 大手電機メーカーを経て1993年株式会社マルハン入社。業界トップである売上2兆円の礎となった組織変革の取り組み「マルハンイズムプロジェクト」をリーダーとして牽引。同時に組織開発責任者として採用と教育を統括。2001年マルハン連結子会社アミューズキャスト代表取締役就任。2003年に現フェイス総合研究所を設立。変革リーダーとして培った実体験をもとに多くの企業を変革へと導く。現在でも官公庁、教育機関、経済団体、大手企業等から講演・研修依頼が多数寄せられている。

フェイス総合研究所 上席執行役員
針生 英貴(Hideki Hariu)

フェイス総研 針生 英貴 1998年アミューズメント業界トップ企業である株式会社マルハン入社。2001年同社関連会社であるアミューズキャストに出向。組織人事コンサルタントとして、マルハン成長期を支えたノウハウを体系化し、外部法人向けにサービスを提供。2003年株式会社フェイスグループ設立と共に、創業メンバーとして入社。アミューズメント業界・学習塾業界を中心に数万人を超える受講者へ研修を実施。CSとESを高めるコンサルティングにも定評がある。「一人一人の可能性を開花させる」が信条。顧客と親身に向き合い、受講者にとって大きなターニングポイントを作り上げている。

フェイス総合研究所 上席執行役員
四宮 敬仁(Takando Shinomiya)

フェイス総研 四宮 敬仁 1984年株式会社リクルート入社。2000社を超える企業の採用課題解決、定着率改善のコンサルティングを行う。同社退職後はベンチャー企業数社の役員を歴任し、2008年に株式会社フェイス総合研究所に入社。決して妥協しない「情熱溢れるコンサルティング」が多くの顧客に支持され、当社役員に就任。多岐にわたる業界経営者の相談役として全国を飛び回る傍ら、当社の花形研修『パラゴン』のメインファシリテーターを務める。父親の介護のため一時退職をするが2014年に復職。独特の関西弁から繰り出される容赦ないフィードバックに魅せられるファンは多い。