トップページ >>サービス>>フェイス総合研究所の特徴

特徴

※1 チェンジリーダーとは?
ドラッガーの定義を要約すると、 チェンジ・リーダーとは、変化を機会として捉える者を指します。変化を求め、機会とすべき変化を識別し、それらの変化を意味あるものとする。

またジョン・P・コッターの定義を要約すると、 不確実・不安定な環境の中での、組織変革や課題解決を推進するリーダーを指します。チェンジリーダーの特性として、ビジョンを描き、その方向に組織成員の努力を結集していくネットワークづくりをあげている。

私たちフェイス総合研究所では、チェンジリーダーを以下のように定義しています。
『立場・役職問わず、目的・目標達成のために、自らを変え、環境を変えることを諦めないリーダー』




※2 PFP理論とは?
知識と行動が繋がっているチェンジリーダーを創出するための、フェイス総合研究所独自の行動変革手法。 過去と現在、未来と現在を行き来しながらパラダイムシフトを行い、行動変革に結び付けるアプローチを指します。Past (過去)、Future(未来)、Present(現在)の頭文字を取り、PFP理論と名付けられた。

■PFP理論のステップ